瀬谷いろどりハート内科クリニック|横浜市瀬谷区 内科 循環器内科 睡眠時無呼吸症候群 漢方内科

横浜市瀬谷区 循環器内科 内科 睡眠時無呼吸症候群 漢方内科の瀬谷いろどりハート内科クリニックの診療時間は月・火・木・金 9:00~12:30、14:30~18:00、土9:00~13:00 【休診】水曜、土曜午後、日曜・祝日

瀬谷いろどりハート内科クリニック 横浜市瀬谷区 循環器内科 内科 睡眠時無呼吸症候群 漢方内科

横浜市瀬谷区 循環器内科 内科 睡眠時無呼吸症候群 漢方内科の瀬谷いろどりハート内科クリニックの電話番号は045-303-3051

横浜市瀬谷区 循環器内科 内科 睡眠時無呼吸症候群 漢方内科の瀬谷いろどりハート内科クリニックでは駐車場248台を完備しております。

【横浜市特定健診、75歳以上健診、大腸がん・前立腺がん検診を行っております】

詳細はこちらをご覧ください

【当院発熱外来について】

当院でもかぜ症状や発熱のある方の診察を行っております。

発熱外来は完全予約制となり、お電話(045-303-3051)からのご予約のみ受け付けております。

ご予約後にはWEB問診システムから問診を行っていただけると助かります。

ご理解ご協力のほどよろしくお願いいたします。

なお、当院では高校生以上を対象として診察しております。
小児の患者様の診察受け入れができませんこと、あらかじめご了承いただきますようよろしくお願いいたします。

ご不明な点がございましたらお電話でご相談ください。

循環器内科専門による診療
循環器内科専門医
による診療
睡眠時無呼吸症候群の治療
睡眠時無呼吸症候群
の治療
共用駐車場248台完備
共用駐車場248台完備
一般内科のご案内:せき、鼻水、のどの痛み、頭痛、腹痛、花粉症など受診してよいか迷う症状でもお気軽にご相談ください。
せき、鼻水、のどの痛み、頭痛、腹痛、花粉症など
受診してよいか迷う症状でもお気軽にご相談ください。
循環器内科のご案内:動悸、胸痛、息切れ、むくみなど。入院加療が必要な場合は病診連携を結んでいる病院へ速やかに連絡いたします。
動悸、胸痛、息切れ、むくみなど。入院加療が必要な場合は
病診連携を結んでいる病院へ速やかに連絡いたします。
睡眠時無呼吸症候群の診断・治療:いびき、日中の眠気、家族に指摘された等。簡易検査、精密検査とも在宅検査に対応しています。
いびき、日中の眠気、家族に指摘された等。
簡易検査、精密検査とも在宅検査に対応しています。
漢方内科のご案内:症状に合わせた漢方薬による治療も行っております。
症状に合わせた漢方薬による治療も行っております。

心が安らぐようなクリニックでありたい

当院のホームページをご覧いただきありがとうございます。

このたび、瀬谷いろどりハート内科クリニックを開院いたしました五十嵐厳(いがらしげん)と申します。

私は大学卒業後に初期研修を修了した後は、母校の循環器内科講座へ所属し、心不全・睡眠時無呼吸症候群等を中心に循環器内科医としての基本や臨床研究について研鑽を積んできました。

故郷である神奈川県へ戻ってからは狭心症・心筋梗塞の治療となるカテーテルインターベンション、不整脈治療であるカテーテルアブレーションにも力を注いできています。

多くの急性期疾患を入院で担当していて老若男女よく聞かれるのが「早く退院したい。」ということです。

誰でも入院はしたくないものです。

そうであればなるべく入院させないように、いつでも相談できるかかりつけ医として地域の支えになれないかと思いクリニック開院を決意いたしました。

当院では高血圧・脂質異常症・糖尿病といった生活習慣病や、心不全・不整脈・狭心症などの循環器専門疾患、さらに多くの心疾患に関連する睡眠時無呼吸症候群を中心に診療いたします。

また、どこにかかってよいか迷う症状でも総合内科専門医として丁寧に診察していきたいと思います。

地域の皆様に親しまれるクリニックを目指します

瀬谷いろどりハート内科クリニックと呼ぶのは少々長いかもしれません。

当院を訪れる方や働くスタッフの生活にいろどりを生み出せるよう、地域の皆様にも“いろどりさん”と呼ばれ親しんでいただけるよう精一杯努力いたしますので、何卒よろしくお願いいたします。

>医師紹介ページはこちら

瀬谷いろどりハート内科クリニック 院長 五十嵐 厳

  



現在、医療事務(パート)を募集しております
スタッフ募集の詳細はこちらをご覧ください
オンライン資格確認についてのお知らせ
昨年の療養担当規則(省令)改正により、令和5年4月1日より
オンライン資格確認の導入が原則義務づけられました。

当院においても、令和5年4月1日よりマイナンバーカード利用によるオンライン資格確認を開始します。
より質の高い診療を行うため、オンライン資格確認による情報(受診歴、薬剤情報、特定健診情報、その他必要な診療情報)を取得して活用していきます。

従来通り、健康保険証の提示でも受診は出来ますが、マイナンバーカード利用時と異なる点数の医療情報・システム基盤整備体制充実加算が算定されます。(令和5年4~12月)

*マイナンバーカードを保険証として利用するには、あらかじめマイナンバーカードの保険証利用の申込が必要です。
申込は、スマートフォンかセブン銀行のATMで行うことが出来ます。
*オンライン資格確認では、公費や生活保護は今のところ対象外のため、 医療証や受診券は今まで通り提示をお願いします。
生活保護の医療券は受診の際に必要です(月に1枚)。
このページの先頭へ戻る